任意整理とは

任意整理とは、裁判所などの公的機関を介さずに、直接債権者と対面して、債務の減額・利息カット、返済方法を交渉して和解を目指す方法です。
任意整理出来る人は、今後も反復的収入を得る見込みがある人で、3年に渡って利息を削減した元本を返済できる能力がある人に限られます。
任意整理を適用するには、貸金業者から取引履歴を取り寄せて、詳しい債権調査をする必要があります。
特に長期にわたって債務取引があった場合は、利息制限法が定めた上限金利を大きく超えている分の利息が返ってくる場合があり、過払い金請求をする事ができます。
払いすぎた利息分を元本の返済に充てられる事から、弁済すべき債務額が大幅に減り、月々に一定額を分割払いする事で約3~5年で完済が可能になります。
任意整理は、特に金利が高い消費者金融や信販会社から長期間の融資を受けていたほどに、取り戻せる額が多くなるメリットがあります。
逆に取引が短く、利息をカットしても元本の減額があまり期待できない場合は、個人再生や自己破産に切り替える事もできます。
しかし他の債務整理と比較しても、手続き費用が安く、整理できる債権者も任意で選択できるので、日常生活に一番支障が出ない小規模な整理方法です。
多忙な人は弁護士や司法書士に手続き依頼する事で、殆どの書類作成や交渉を任せる事ができるので、任意整理は非常に整理価値の高い手段になります。

 

任意整理のメリット、デメリットについて

 

4種類ある債務整理の手続きの一つである任意整理。債務額の比較的少ない人にはおすすめの手段ですが、やはりメリットだけでなくデメリットも存在します。任意整理のデメリットは自己破産など他の債務整理の手続きと同様に、信用情報機関に債務整理をしたことが知られてしまうことです。いわゆるブラックリストに掲載されてしまいますので、その情報が載せられている期間は新たなローンを組んだり、カードを利用したりすることはできません。また自己破産などのように借金の全額、もしくは一部が免除されるわけではないこともデメリットといえばデメリットといえます。反対に任意整理のメリットとしては裁判所を介さない手続きのため、官報に掲載されることもありませんので家族や職場に知られる可能性が少ないことが挙げられます。また特定の貸金業者に限って手続きを進めることができるのもメリットの一つといえるでしょう。さらに任意整理の手続きを司法書士や弁護士などに依頼した場合は、受任通知が貸金業者に送付された時点で業者からの催促が止まります。しつこい催促に悩んでいる方であれば、この催促がなくなるだけでも任意整理の手続きを依頼したメリットは十分にあるといえます。

 

フェア&スクエア法律事務所

フリーダイヤル:0120-890-813

 

樋口総合法律事務所

債務整理:個人再生