任意整理で後悔した人って?

任意整理の特長は裁判所を通さずに債権者と直接交渉して月々の返済金額や返済期日を変更する方法です。一般的には借金を整理する方法として知られているため、全てのカードや借金を整理しなければならないと思っている人もいるようですが、実際にはそれぞれの債権者と個別に交渉するため、任意整理の対象としないものを選ぶこともできるのです。また、これを知らずにすべての借金を整理してしまい、後悔している人も少なくありません。
基本的に任意整理の対象とするカードは当然もう使えなくなるため、必要に応じて整理をしないカードを選ぶことが必要です。例えば会社関係で作ったカードなどは、そのカードを任意整理してしまうとその情報が会社に知られてしまい会社をクビになってしまうこともあります。このような場合にはその後の収入も絶たれてしまい、返済の計画も大幅に狂ってしまうので注意が必要です。このようなカードが有る場合には事前に弁護士に話しておくことで、その対応を考慮してくれますので、後悔しないように状況を正確に伝えることが大切です。しかし、任意整理の対象にしないカードや借金は当初の返済計画通りに自分で支払っていくことが前提です。そのため返済能力が無いと判断される場合には、対象にする必要もあります。
さらに、一社でも任意整理の対象になってしまうと信用情報にその旨の情報が記載されます。そのため対象にしないカードであっても更新等の際に再度審査されてしまうと、カードが更新されないことも有るので注意が必要です。このような点を踏まえ、後悔しないような任意整理を行うことが大切です。

おすすめ法律事務所ランキング