任意整理と賃貸

 

まず、任意整理しても、お部屋を賃貸できない、ということはないようです。
任意整理中でもお部屋を借りることができます。
もちろん終了していても、借りられます。
入居審査に信用情報は関係ないのです。

 

ただし、管理会社や大家さんが「クレジットカードによる家賃の引き落とし」を義務づけている場合、借りることはできません。
クレジットカードを作る際に信用情報が絡んでくるからです。
信用情報において、任意整理は事故として記録されます。
要はブラックリストに載ってしまうということです。

 

ではどういった物件ならば借りられるのか? というお話をしたいと思います。
気をつけるべきは、誰もがCMで知っているような、大手の賃貸業者は避けなければならない点です。
なぜならば、このような大手の会社は、家賃をクレジット払いにしている場合が多いからです。
よって、地域に根ざした会社や店舗数の少ない不動産業者をまわりましょう。
不動産の方には任意整理の件は伏せます。
そしてクレジット払いでない物件が良いことを伝えます。

 

保証会社を通さなくて良いかどうかもチェックしておきます。
保証人を立てられれば良いですね。
保証会社を通す必要がある場合は、不動産会社にどこの保証会社かを訊き、審査を受けてみます。
審査を受けている間に、保証会社が信用機関に加盟していないか調べておきましょう。

おすすめ法律事務所ランキング