任意整理を、弁護士に依頼する場合と司法書士に依頼する場合の違いとは?

 

任意整理とは?任意整理すると?※メリット・デメリットナビ

 

任意整理を考慮するにあたって、司法書士か弁護士のどちらに相談するか、非常に迷うところが多いと思います。
通常は手続き費用を抑えられる司法書士に依頼する人も多いですが、司法書士が担当できる業務には、弁護士に比べて制限があるものがいくつかあります。
まずは詳しい債務状況を明確にする事によって、司法書士に依頼するか弁護士に依頼するか判断が可能です。
これは任意整理に不可欠な債権者との交渉権、訴訟代理権に大きく関係してきます。
法律では、司法書士に認められている交渉権は1件につき140万円までとなっており、140万円を超える任意整理の交渉は不可となっています。
また任意整理の手続きで発生した過払い金も、140万円を超える金額の場合は、司法書士では全額請求できません。
ですから、140万円を超える債務を抱えている場合は、必然的に弁護士に依頼する事になります。
また債権者との交渉が長引いて決裂し、訴訟を起こす事になっても、司法書士は簡易裁判所のみにしか代理で訴訟ができません。
このように司法書士は手続きの上で制限事項が付きものなので、もし多重債務で何社とも債権交渉が必要であったり、過払い金を確実に取り戻したい場合は、弁護士に和解交渉してもらうほうが早いでしょう。

 

相談無料の司法書士事務所はこちら

ウイズユー司法書士事務所
⇒ウイズユー司法書士事務所に無料相談してみる

 

ほか、おすすめの弁護士事務所です。

弁護士法人サルート
⇒弁護士法人サルートに無料相談してみる

■相談の前に!
※下記のご質問はお受けできません。
  • 個人間の借金
  • 税金の相談
  • 差し押さえの相談
  • 本人以外からの相談
  • 他事務所にご相談中の方

 

樋口総合法律事務所
⇒樋口総合法律事務所に無料相談してみる

 

 

 

ヤミ金対応事務所も!任意整理相談におすすめの法律事務所ランキングを見てみる

おすすめ法律事務所ランキング