任意整理後の借り入れについて

 

任意整理とは?任意整理すると?※メリット・デメリットナビ

 

任意整理や自己破産、特定調停、個人再生の事などをひとまとめにして債務整理と言います。

 

債務整理を行なったあとは、新規借り入れを行なう事は出来ないと考えておくべきであります。

 

キャッシングを利用したい場合、まずはカード発行を行わなくてはなりません。

 

借入申込みの時だけでなく、カード発行にも審査があり信用情報がチェックされます。

 

信用情報機関に任意整理を行なったという事が登録されている場合は
返済能力がきわめて低いとみなされ、信用度が下がってしまいますから、カード発行すら受付けてもらえないのです。

 

ほとんどの金融機関が信用情報機関の登録情報を基に審査を行なっています。

 

ですから任意整理を行なった後に新規カード発行、借り入れを行なう事は困難です。

 

しかし、任意整理や債務整理を行なった者にお金を貸してはならないという法律はないので
絶対にお金を借りる事が出来ないとは言い切れず、中には任意整理後、金融機関からお金を借りれたという方もいます。

 

任意整理を行なっても、金融事故とはならないケースもあります。

 

過払い金が発生しており、過払い金の発生金額が借金総額をも上回っていた場合は
信用情報機関に登録されることはありませんし、発生金額を返済に充てれば完済する事が出来ます。

 

この場合、信用情報機関に事故情報が登録されることはありませんから
任意整理後であっても、難なく借り入れを行なえます。

 

ヤミ金対応事務所も!任意整理相談におすすめの法律事務所ランキングを見てみる

おすすめ法律事務所ランキング