任意整理後のクレジットカードについて

 

任意整理を行った後は、クレジットカードを持つことができなくなります。これは信用情報に任意整理を行ったことが記載されてしまうからです
基本的にブラック状態ではカードを持つことができませんので、暫くの間はクレジットカードを利用するどころか発行することもできなくなります

 

任意整理とは?任意整理すると?※メリット・デメリットナビ

 

しかし本来であれば持てないはずのクレジットカードが、任意整理後1年程度で持てるようになることもあります
国内の会社は厳しいかもしれませんが、外資系のクレジットカードであれば意外と簡単にクレジットカードが発行されます。ただ外資系は年会費が高いので、それを考えて申し込む必要はあるでしょう
他にも一部の国内カードはブラック状態であっても発行できる可能性があります。ただすぐに申込むと拒否してくると思うので、最低でも1年は待った方が良いと思います
ブラック状態で発行されたクレジットカードはそのまま利用することができます。使い過ぎには気を付けてください

 

任意整理を行ったからと言って、クレジットカードが発行できないというわけではありません。ただ最低でも2年程度は待ってから申し込みに踏み切った方が無難です
運が良ければカードが発行されると思いますが、発行するにはある程度の年収を持っていなければ厳しいと思います
確実に発行したい方は5年程度待てば大丈夫でしょう。信用情報から任意整理を行った情報を消すには5年程度必要です

 

ヤミ金対応事務所も!借金相談におすすめの法律事務所ランキングを見てみる

おすすめ法律事務所ランキング