任意整理をするとどんな影響があるか?

 

任意整理という借金解決方法をとると、様々な影響が考えられます。
その影響のひとつに、ブラックリストに載ってしまうということがあります。

 

任意整理とは?任意整理すると?※メリット・デメリットナビ

 

ブラックリストという言葉、聞いたことがあるという方も多いでしょうが、実はそのようなリストは存在しません。
例えば、クレジットカードやカードローンの支払いが延滞したとします。
その延滞したという情報が、信用情報機関に「事故情報」として登録をされるのです。
この事象のことを、「ブラックリストに載る」というわけです。

 

では、ブラックリストに載ると、どのような影響があるのでしょうか。
まずは、新しく借り入れをすることが出来なくなります。
その借り入れというのは、住宅ローンはもちろんのこと、キャッシングの新規借り入れ、あるいはクレジットカードのキャッシングなどが出来なくなってしまうのです。
それ以外にも、携帯電話の分割払いなども出来なくなってしまいます。
意外と、ブラックリスト入りすることによる影響は、広範囲に及ぶものなのです。

 

もちろん、ブラックリストに未来永劫掲載されるわけではありません。
任意整理であれば、その掲載機関は5年間といったところです。
自己破産をしてしまうと、最低でも10年間はブラックリスト入りしてしまいます。

 

ヤミ金対応事務所も!借金相談におすすめの法律事務所ランキングを見てみる

おすすめ法律事務所ランキング