任意整理をすると信用情報や官報に載るか?

 

多額の借金を抱えてしまい、どうしても返済ができなくなってしまった場合は、弁護士などに依頼して任意整理をするという方法を取る方も珍しくありません。

 

任意整理とは?任意整理すると?※メリット・デメリットナビ

 

任意整理は、債権者と交渉して借金の減額をしてもらい、定められた期間内に完済するという契約を結びなおすものです。
自己破産と違って、自己の財産を保有したまま行うことが出来ます。
ですから、家や車などの失いたくない財産がある方は、任意整理を選択することが多いのですね。
ただ、この情報は信用情報に記載されることになります。
通常の延滞履歴よりブラック度が高く、任意整理をした金融機関では、この履歴が消えたとしても再度取引してもらえることはほとんどないでしょう。
しかし、信用情報から履歴が消えると、任意整理をしていないところではローンも組めるでしょうし、カードも作ることができる可能性があります。
自己破産をした場合は官報にも個人情報が載りますが、任意整理の場合は特に記載されることはありません。
金融機関は官報のデータを保管していることが多いので、破産者は半永久的にどこからも借金できない状況が続くことが多いようですが、
任意整理の場合は曲がりなりにも返済は続けていますから、そこまで厳しい状況にはならないようですね。

 

任意整理をスムーズに行うためには法律事務所の協力が不可欠。
まずは自分の置かれた状況などを正しく把握するために、無料相談してみることをおすすめします。

 

弁護士法人サルート
⇒弁護士法人サルートに無料相談してみる

■相談の前に!
※下記のご質問はお受けできません。
  • 個人間の借金
  • 税金の相談
  • 差し押さえの相談
  • 本人以外からの相談
  • 他事務所にご相談中の方

 

樋口総合法律事務所
⇒樋口総合法律事務所に無料相談してみる

 

ヤミ金対応事務所も!任意整理相談におすすめの法律事務所ランキングを見てみる

おすすめ法律事務所ランキング